【シェフィ-Shephy-】ひつじを1000匹に増やせだって!?

こんにちは!Groove Gluesのジョブ谷です。

今日は、ひつじを1000匹に増殖させるゲーム「シェフィ-Shephy-」を紹介します。

このゲームは、ARC SYSTEM WORKS様により、App StoreGoogle Play ストアで公開されています。

スポンサーリンク

ひつじを増やすカードゲーム!?

ひつじを増やすと聞いて放置型の農場ゲームを想像した方も多いのではないでしょうか。

実は、このゲームはカードゲームなのです。

簡単に言うと、カードの効果で、ひつじを守ったり、増やすことで1000匹まで増殖させるゲームです。

様々な効果を持つカードたち

ひつじを増やすにあたって、様々な効果を持つカードが登場します。

基本的な効果を持つカード

例えば、この『産めよ』のカードでは、場に展開されているひつじのカードをコピーすることができます。

そして、コピーしたひつじカードは「統率」のカードでまとめることができます。

ここで、知っておきたい知識があります。

まず、ひつじカードは1, 3, 10, 30, 100, 300, 1000の7種類であること。

そして、統率すると、その合計数以下で最大のカード1枚にまとめられるということです。

例えば、場に3ひつじが4枚ある状況で「統率」を使用した場合、10ひつじになります。

強力な効果を持つカード

カード中には、「地に満ちよ」のように強力な効果を持つものがあります。

このカードを使用すると、場の空きを1ひつじカードで埋め尽します。

より、効率よく、1000ひつじを目指すために「統率」とコンボで使用すると良いでしょう。

これまで、紹介したカードはひつじを増やすためのカードでした。

他にも「狼」のように、ひつじの増殖を邪魔するカードも登場します。

このカードは、場に出ている一番ランクの高いひつじのランクを下げてしまいます。

例えば、100ひつじなら30ひつじに、せっかく増やしたひつじカードも、無駄になってしまいます。

そこで救済してくれる「牧羊犬」のカードもあります。

手札を一枚捨てることができるので、ひつじに対して悪い影響をもたらすカードに使うと良いでしょう。

まとめ

このゲームは、ARC SYSTEM WORKS様により、App StoreGoogle Play ストアで公開されています。

ここで紹介したカードは、全体の一部に過ぎません。

他にも可愛らしい絵柄のカードが、登場します。

ぜひ、実際に「シェフィ-Shephy-」をプレイして、1000ひつじを目指してみてください。

【Battle Golf】目指せ2人の最高スコア!

Battle Golf

こんにちは、Groove Glues広報のジョブ谷です。

最近は、すっかり涼しくなって参りました。

秋は、その過ごしやすさから「〇〇の秋」と色んな呼ばれ方をしますよね。

今日は「スポーツの秋」にぴったりの「Battle Golf」を紹介したいと思います。

このゲームは、Colin Lane Games AB様によりApp StoreGoogle Play ストアで公開されています。

このゲームは、シングルプレイとデュオプレイの2つに分けられます。

さらに、それぞれのプレイに対戦モード、タイムアタックモードが用意されています。

スポンサーリンク

対戦モード

対戦モードでは、1つの端末を使い、左右に分かれて競います。

対峙する相手と同じ画面で競い合うので、オフラインならではの白熱した勝負が楽しめるでしょう。

ただし、そこからリアルファイトに持ち込むのは、ご遠慮くださいね。

対戦ルールですが、ホールアウトするまでの打数を競う現実のゴルフとは異なります。

ステージの真ん中にランダムに生成されるホールにいかに早く入れられるかを競うのです。

相手に直接ボールをぶつけることが出来れば相手を気絶させ、動きを止めることができます。

単純に点数を重ねるのではなく、上手く相手を邪魔しながら点数を重ねていくところに面白みがあります。

タイムアタックモード

タイムアタックモードも基本的なルールは、対戦モードと同じです。

シングルプレイでは、個人のベストスコアを、デュオプレイでは2人のベストスコアを目指します。

このとき、ホールを邪魔する鳥が現れることがあります。

デュオでは、鳥を片方のプレイヤーが打ち落としている隙にホールを狙うというコンビプレイを狙えます。

ぜひ、友人と2人で協力しながら最高スコアを目指してみてください。

まとめ

「Battle Golf」は、Colin Lane Games AB様によりApp StoreGoogle Play ストアで公開されています。

シングルプレイはもちろん、デュオプレイでも大変盛り上がることができるでしょう!

以前にも別のゴルフゲームを紹介しているので、よかったらそちらも是非読んでみてください!

【デラクエスト】日本を旅するRPG

みなさん、お久しぶりです!Groove Glues広報担当のジョブ谷です。

今日は、みなさんに是非、プレイして頂きたいゲームアプリを見つけたので、紹介していきます。

そのゲームのタイトルは「デラクエスト」です。

わたしは、最初にタイトルを見たときに「デラ」ってどういう意味?と疑問に感じました。

しかし、そんな疑問も数分間プレイするだけで、見事に解消されます。

このことについては、ゲームの魅力の一つでもあるので、追って伝えていきたいと思います。

「デラクエスト」は、Sakabou Inc.様により制作され、App Storeで公開されています。

スポンサーリンク

レトロ感あふれるドット絵

まずは、何と言っても懐かしいこのドット絵。

グラフィックに加え、BGMからも作者の熱量が感じられます。

登場人物のドット絵はいたってシンプルですが、敵のドット絵は中々、凝っています。

物語の舞台は日本!?

下のマップ画像を、ご覧ください。

ストーリの中では、特別、触れられていませんが、マップが明らかに日本です。

「デラクエスト」は、日本を旅しながらストーリーを進めていくゲームとなっています。

さて、冒頭で触れた「デラ」について、説明します。

主人公が旅に出る最初の国の名前が「ヤゴーナ」となっています。

もう、気づいた人もいると思いますが、「ヤゴーナ」は並び替えると名古屋になります。

「デラ」というのは、名古屋弁で「とても、すごく」などの意味があります。

作者は名古屋の方なのでしょうか?その辺りにも、作者の遊び心が感じられます。

解いて、学べ!地域クイズ

マップが日本になっているだけでなく、各地域も地名をもじったものになっています。

例えば次の画像ですが、こちらは「マシトーク」に現れる仙人です。

1日につき1問、日本の地域に関するクイズが出題され、正解すれば報酬が得られます。

報酬は、ストーリーを進める上で助けになるダイヤという課金アイテムです。

各地域に仙人がいるので、ぜひ、全国の仙人のコンプリートを目指しましょう。

まとめ

「デラクエスト」は、Sakabou Inc.様により制作され、App Storeで公開されています。

みなさんも、このゲームをプレイして日本の地域について、学んでみてはいかがでしょうか?

己の反応の限界を知れ!シンプル避けゲー【twins】

twins

こんにちは!Groove Glues広報担当のジョブ谷です。

最近は、花粉にやられて苦しんでいます…皆様は、いかがお過ごしでしょうか?

本日、紹介したいアプリは、こちら「twins」

Olivia Ashley 様により、App StoreGoogle Play Storeで公開されています。

スポンサーリンク

twinsとは?

簡単に言えば、縦スクロール型のランゲームです。

画面に表示された2つのボールを操作して、迫り来る壁を避け続けるゲームです。

ランゲームでは、アイテムでスコアを倍にしたり、無敵になるものが多い印象です。

しかし、このゲームはそういったものが一切なく、プレイヤーのスキルが重要になります。

シンプルイズベスト

私は、ちょっとした待ち時間などに最適なのは、簡単操作のゲームだと思っています。
(もちろん、複雑な要素を駆使しながら、プレイするゲームも楽しいですが…)

このゲームは画面の右側をタッチすると右のボールが右に移動します。

同じく、左側をタッチすると左のボールが左に移動します。

そして、指を離すと元の場所に戻るといった非常に簡単な仕組みになっています。

最初は、思うように球を操れず、頭が混乱する方も多いかと思います。

しかし、慣れてくれば、ただ、ひたすら自分の集中力の限界を目指して進むだけです。

シンプルなゲームですので、みなさん、楽しめるかと思います。

スコアを競え!

残念ながら、このゲームには対戦モードは無いので、スコアを競います。

近くの友達と1台のスマホを回して、プレイするだけでも、十分に楽しめると思います。

また、各自のスマホで同時に始めて、誰が最後まで生き残れるかを競うのも良さそうです。

まとめ

「twins」Olivia Ashley 様により、App StoreGoogle Play Storeで公開されています。

最後に、実はジョブ谷、このゲームはかなりの上級者であると自負しています。

そして、ジョブ谷のスコアですが、こちらです。

「僕、私の方が絶対にお前なんかよりもうまいよ」という方、挑戦をお待ちしています。